無料ブログはココログ

最近のトラックバック

2014/11/10

ユークリッドの互除法

 妻が突然こう切り出した。

 「ねえ、○○が(娘の名前)数学がわからないって言ってるから教えてあげてよぉ。」

 「またかぁ。たくしょうがないなぁ。」

 娘は自分がわからなくても直接僕に聞きにくることはない。またいろいろくどくどと説明されるのが嫌だからである。特に理系科目が苦手だという事もある。しぶしぶ2階から教科書を持ってリビングに降りてきた娘が提示した課題は、「一時不定方程式」

 「なんじゃ、それ?」

 聞いた事がない。それとも習ったけども完全に忘れてしまったか。解法には「ユークリッドの互除法」を用いるという。これはどこかで聞いた事があるような気がする。仕方なく教科書と格闘しながらなんとか理解する。

 教科書どおり問題を解いて説明してあげるもどうも理解できないらしい。もう深夜の1時である。どうしても今日中にあと2問解かなければならないらしい。

 「そんなの答えを写してノートに書いておけばいいよ。理解はまた後でもいい。とにかく今日はもう寝なさい!」

 しぶしぶ2階へあがってしばらくガタガタやっていたけど、理解できたんだろうか。それにしても高校数学はくだらない事を教えているとつくづく思ったよ。ユークリッドなんて現実社会で全く必要ないだろぉ~。

 ちなみに「ユークリッドの互除法」 とはこちらを参照。
 

2013/04/04

もうひとつ

こちらは3DS用。まだやり始めたばかりだけど別に3DS用じゃなくてもいいと思うんだが。グラフィックはきれいだけどそんなの必要ないし。すれ違い通信もいらない。そんな事に手間をかけるんだったら、もっと問題量を増やして値段を下げてほしいのん!

Cimg5401_3

えいご三昧DS

TOEIC TEST スーパーコーチDS」 を2回通り終えたので買ってみました。

発音の練習が主です。自分の発音を録音してお手本と比べます。発音に自身のない人にはお勧めかも知れません。

Cimg5402_3

2012/05/10

なぜ英語が聞き取れない(3)

 ではどうすればいいか?

 「そんなのわからない」

 英語が聞き取れない僕に聞かれても・・・

 でもヒントをつかんだような気がする。英語の音符を覚えればいいんだよ。それにはどうしたらいいか。とにかく英語のリズムを覚えるしかない。ネイティブのリズムを1つでも多く覚えるしかない。単語なんか二の次だろう。

 「わっつらまら(What's the matter?)」 「わぁらぁあゆーどぅいん(What are you doing?)」

 簡単な英語でも最初はとまどうばかりだが、一度そのリズムになれてしまえば次からは簡単なはずだ。日本語でもそうだろう。

 「いらっしゃいませ」を「らっしゃーい」と言われても最初の文章は思い浮かばない。でも2度目からは大丈夫だ。「らっしゃーい」は「いらっしゃいませ」と同じだと覚えるのではなく「らっしゃーい」は「らっしゃーい」と覚えればいいのだ。

 誰でも知っている英語 「Thank You」 これならほとんどの日本人でも聞き取れる。少々発音が聞き取れなくてもイントネーションで聞き取れる。「たんきゅう」「せんきゅ」「へんきゅ」なんでも来いである。

 なんだかこれならいけそうな気がしてきた。さて1年後は聞き取れるようになっているだろうか?

なぜ英語が聞き取れない(2)

 前回、英語が聞き取れない理由が少しわかりかけてきたと言ったが、今回はそのつづき。

 【英語が聞き取れない理由】それはリズムだ。イントネーションや音の強弱で音を聞き取ってないからわからないのではないか。日本語でもそうだ。例えば東北弁なんかを聞いても何を言っているかわからない。標準語とイントネーションが違うからだ。でもその地方に暮らしていれば自然と聞き取れるようになる。リズムで音を捉えることができるようになるからだと思う。

 例えば、全然知らない歌があったとする。歌詞を見れば意味はわかる。英語も同じだ。文章を見れば意味はわかる。たとえ単語がわからなくても辞書をひけばなんとか意味はわかる。でもその文章を外人に読んでもらったらわかるだろうか。まず理解度は10%程度だろう。

 それではその歌をCDで聞いてみるとどうだろう。最初はメロディーになれるまでは違和感があるが、覚えてしまえば自然と歌詞が出てくる。メロディーを知らない歌詞を覚えるのと、メロディーにのせて歌詞を覚えるのでは後者の方が絶対効率がいいだろう。しかも忘れない。昔のアニメソングの歌詞がすらすら出てくるのはメロディーのおかげだ。

 歌には音符というものがあって、音の高低、長さ、強弱が示されている。英語も同じだ。音の高低、長さ、強弱がある。文章だけいくら丸暗記しても駄目な理由がわかるだろう。英語も単語だけ覚えたのでは駄目。単語単位で発音を覚えても駄目。文章のリズムとして体得しなければ意味はないのではないだろうか。

                                                   つづく

 

なぜ英語が聞き取れない

 「何を言ってるのかさっぱりわからない。」映画を見てていつも思う。

 中学、高校、大学と英語を勉強してきても普通の日本人はなかなか英語をしゃべる事ができない。聞き取れない。社会人になってからも英会話学校へ通ったり、英語教材を使ったり、TVの英会話講座て勉強したりしているけど上達にはほど遠い。外国人と1対1ならなんとか意思の疎通はできる。ところが外国人同士がおしゃべりしているのをそばで聞いているともうほとんどわからない。なんでだ?

 話は変わるが、ここ1年ほど韓国語の勉強をやりだした。学習のポイントとしてはリスニングを中心にしている。英語の場合は受験勉強のあおりか、おのずとリーディング重視であった。その反省もふまえてとにかく音から入る事にした。韓国語のフレーズを録音した「ばいりんまる」というおもちゃをトイレに置いておき、用のある時だけ聞き流している。

 旅行者がよく使うフレーズが100文ほど入っているのだが、とにかく楽しい。自然と覚えてしまう。意味はわからなくてもフレーズを先に覚えてしまう。不思議なことに何もしていないでぼっーとしている時やウォーキングしている時にあるフレーズが浮かんできてしまう時もある。意味もわからないのにである。

 そこではたと気がついた。「英語が聞き取れないのにはわけがあるのではないだろうか?」と

                                             つづく

2006/04/13

アンニョンハシムニカ

4月より韓国語の勉強を始めた。

週1回のNHK-TVを見るだけだが、はたしてこれでうまくなるのだろうか。

10数年前にちょっとかじった事があるんだけど、全く身につかなかった。
今回はそのリベンジでもある。

韓流ブームも冷めてきたけど、「冬のソナタ」を字幕なしで理解できたら楽しいよね。

韓国語って難しそうだけど、英語に比べたらずいぶん聞き取りやすいと思う。
「ねえ~。」とか「~にだ。」とか「~へよぉ~。」とか語尾が日本語っぽいんだよね。

あっ、そろそろ時間だから。そんじゃあ。アンニョン・ヒ・ケセヨ~。