無料ブログはココログ

最近のトラックバック

2009/09/18

トッププロのスイング分析

う~ん。これはためになる

自分のスイング映像と比較すると雲泥の差だなぁ。

2009/03/20

スケート、すべり納め

 僕が入会しているスポーツセンターにはスケート場が併設されている。無料入場券をもらったので娘と出かけた。休みがなかなか合わないのでたまには一緒に遊んであげないとね。

 ひさしぶりに滑ったので、滑り始めて10分位で、すねとかふくらはぎが痛くなった。娘は学校でスケート教室があるので、かなり上手に滑れるようになっていた。

 滑ったり休んだりの繰り返しで1時間も滑っていたら、そこは昔とったきねづかでかなり上手に滑れるようになった。

 4月上旬でクローズらしいので、もう1回くらい行ってもいいかな。

2008/01/15

ビリーズ・ブート・キャンプ・エリート(2日目)

休養日1日をはさんで、今日が2回目。

だんだんやるのが億劫になってくるが、ここは一つ奮起して頑張らなくては。初日はビリーズバンドの重りがかなりきつかった為、今回は500gの重りをはずして行うことにした。

だいたいの流れはわかっているので、今回はビリーの動きにもついてゆけるようになった。ビリーバンドも重りがないためそれほどきつくはない。ただ腕の動きが多いので腕への負荷は相当なものだ。それとサイドキックは通常行わない動作であるため、かなりぎこちないし、スピードアップした連続キックになるとふらつく。へたをするとわき腹や股関節を痛めることになりそうだ。ここは無理をしないで行いたい。

今回は慣れてきたせいか前回よりは楽にできた。汗もそれほどかかなかったし、少々物足りなくさえ思えた。早く2枚目をやりたいがあと2回は我慢しなくてはならない。

40分間のエクスサイズが終わると、ビリーのねぎらいの言葉がある。だが、何を言っているのか全くわからない。「Take a shower.」とかは聞こえるが・・・。もう少し英語が理解できると楽しいのだが。

2008/01/13

ビリーズ・ブートキャンプ・エリート(初日)

今日から入隊することにしました。

エリートは、初回版に比べてかなり楽だと聞いていたので、正直なめていました。

ところがどっこい、結構きつい。運動自体はそれほどでもないのだが、普段使わない筋肉を動かすため、筋肉疲労は相当なものだ。しかもビリーの俊敏な動きについていけない。スロー動作の時はそうでもないのだが、スピードアップした時はワンテンポ遅れてしまう。

全体的に空手の動作が多く、パンチやキック系の動きが多い。特に左右のキックはやった事がない人にとっては高く蹴り上げるのは容易ではないだろう。

途中からビリーバンドを使った運動になるが、これまたかなりしんどい。特に腕がつかれる。最初からビリーバンドを使うのは厳しいので、慣れるまでは使わない方がいいかも知れない。普段運動をしない人は、あまり無理をすると筋を違えてしまうかも知れない。

初回ということもあって40分間はかなり長く感じる。「早く終わらないかなぁ~。」と何度思ったことか。終わった時は軽く汗をかいた程度。運動量としては、早歩きを30分したくらいか。心拍数としては100~110。

週1回ジムに通って運動している僕でも、初回はなんとか最後までこなせた。やり方によっては楽をする事もできるし、一つ一つの動作を素早く、高く、強く、繰り出す事で負荷をきつくする事もできる。最初から一生懸命やる必要はないので、自分のペースでやって長続きさせることが肝要かと思った。

2007/10/26

亀田興毅謝罪会見。

亀田興毅の謝罪会見を見て。

容赦ないカメラフラッシュ、質問攻め。

うろたえる亀田興毅。

まだ二十歳そこそこの若造に、大の大人が寄ってたかっていじめている構図。ちょっと前までは持ち上げといて。彼が哀れでならなかった。

確かに彼の今までの言動、ふるまいは目に余るものがあった。父親史郎氏に洗脳されていたとも言えるし、周りがおもしろおかしく煽っていたともいえる。実力以上に人気が先行し、本人も調子に乗り過ぎていた。

今まで彼の周りには彼を諌める者はいなかったし、いたとしても聞く耳を持たなかっただろう。

この日の会見を見て、彼は心から反省をしているように見えた。本来なら大毅や父史郎氏が謝罪会見に姿を現さなければならないのに、

「わしは亀田家の長男やし。親父が出てきたらよけいおかしくなるやろし。」

「親父は悪いのはわかっとる。でも親父は親父やし・・。」

時に涙ぐみ、時に言葉に詰まり、そこには素の亀田興毅がいた。

彼は本当はすごくピュアな人間じゃあないかと思った。

2007/10/12

亀田大毅惨敗

WBC世界フライ級タイトルマッチ12回戦(11日・有明コロシアム)で王者・内藤大助(33)と対戦。

試合を最後まで見て意外だったのは、


「結構、大毅もやるじゃん!」


ガードをガチガチに固めて防戦一方だったが、内藤に最後まで有効打を打たせなかった。最終ラウンドまで体力が持ったのはトレーニングをちゃんとしてきた事の証。ただ最後のプロレス技はいただけない。

まあ、切腹はしなくてもいいから、一から出直してきてほしいっす。それからもうちょっと謙虚さは身に付けてほしいね。強くなりたかったら親父から離れて、優秀なコーチに付くことだね。

2007/07/11

すごいぞっ!イチロー

なんと大リーグのオールスターでイチローがMVPに選ばれた。

自身も初めてのランニングHRを含む3安打の大活躍。日本人として誇らしい限りです。すばらしい。

2007/06/13

ジュビロ磐田の菊地が!

淫行罪でつかまったって!


おいおい、やっちまったか。プロとしての意識が低すぎるんとちゃう。そんな事したらどうなるかくらい、大の大人だったらわかるだろうに。

あーあ、これでジュビロの戦力ダウンは確実だなぁ。

2007/06/11

ヒデ復帰。

走れるのかぁ。

2007/03/23

初スキー? すべり納め?

Bbb
富士のすそ野、「スノータウン・イエティ」に行って来ました。
スキーは今シーズンはもちろん初めて。最後にスキーに行ったのはいつだったか思い出せません。スキーの板もブーツも処分してしまったけど、ウェアだけは残っていました。

浜松からは2時間ちょっと。この時期はノーチェーンでスキー場まで行けてしまうのがうれしいところ。ゲレンデがしょぼいとか雪質が悪いとかはどうでもいいんです。昔(20数年前)のようにがんがんすべる気力も体力もありませんから。

小2の娘に1度スキーを体験させておこうと妻のたっての願いでこのスキーツアーが実現したのでした(本当は僕は来たくなかったんだけどね。)娘は初めてにしては上達が早く、リフトの何回か往復しているうちにボーゲンは完璧にこなせるようになっていました。さすが我が子だ!行く末はオリンピック選手ってかぁ~。