無料ブログはココログ

最近のトラックバック

2019/03/07

吉野家超特盛事件

 吉野家が、超特盛と小盛を始めた。今まで4種類あった(並、大盛、頭の大盛、特盛)のでこれで計6種類になった。3月いっぱいは、この新しいメニューを頼むと特典がある。小盛はサラダが無料、超特盛は味噌汁と卵が無料となる。

 早速、超特盛を頼んでみた。スマホのLINEクーポンを見せて、

「超特盛には味噌汁と卵が無料で付くんでよねぇ?」

 念のため確認した。菜々緒に似ていなくもない新人の若い店員は知らなかったようで厨房の奥にいるベテランのスタッフに確認に言った。

 「はい、大丈夫で~す。(^o^)」
 「じゃ、超特盛と無料の卵と味噌汁、あと生サラダも追加でお願いします。」

 すぐに料理が運ばれてきた。

 「小盛とサラダと生たまごでぇ~す。♪」
 「あれっ、僕、超特盛って言ったよねぇ。(男の俺がこんなかわいい小盛を食べるわけ無いじゃん。あほかっ)」
 「失礼しました。取り替えてきまぁーす。(ちっ)」

 つけまつげの長い菜々緒は、またも奥のベテラン社員に確認にいった。再度彼女がやってきた。

 「大変失礼いたしました。」
 「うむ。」

 牛丼とサラダ、卵を置くとそそくさと厨房の奥の方へ消えていった。牛丼を見ると超特盛というには量が少な過ぎる。伝票を見みると「特盛」となってるではないか。

 「ちょっと、おねえさん。さっき僕、超特盛って言ったよねぇ。レシートに特盛ってなってるんだけど。(ぴきっ)それと味噌汁もまだ来てないよ!」

 菜々緒とベテラン社員は、互いに顔を見合わせ「やれやれ」という風な顔を一瞬したかのように見えた。何だか端から見たら俺が高慢なオヤジに見えるじゃないか。

 その後無事に、超特盛が運ばれて来たのだけれど、さほど大した量ではない。特盛と変わらないではないか。ちょっと期待はずれ。しかも「つゆだく」と言ったにもかかわらず「つゆだく」じゃないし。

「やれやれ」

2017/11/03

コンビニの肉まん

肉まんの美味しい季節になってまいりました。だがしかーし、納得いかない事がありんす。コンビニの肉まんの暖め機に在庫がない。よくて1個。あんまんがはいっている事は滅多にない。ピザまん、カレーまんもほとんど入っている事はない。何故?売れないから?店の方針?いつからこうなった。少なくとも2~3年前は、各種2~3個は入っていたはずだ。店長なんとかしてや。

2013/11/02

食の偽装事件(2)

 これだけ騒がれるのは日本人のまじめな性格から来るんだろうね。ホテルとかレストランでも最初から言っておけばいいんだよ。

 「うちの料理はスーパーの食材を使ってます。安心してください!」

って。 (-_-;)


 これが中国だったら大変だよ。得たいの知れないものを食わされてる可能性大だよ。中国のレストランへ入ったら五感を総動員して料理を吟味しないといけない。食用油は下水道の廃液、ねずみの肉入りハンバーグ。数え上げたらきりがない。


 僕が以前行った上海で食べた料理の数々は全然うまくなかった。まあそこそこのホテルの中華でもそうだった。北京ダックや上海ガ二も、「何これ!」って感じ。宿泊したホテルのバイキングにいたっては、「・・・・」言葉が出なかった。いまや中華といったら日本が世界一うまいんじゃない。日本人に生まれてよかったよ!

食の偽装事件

 今はやりの食の偽装事件。何をいまさらって感じ。こんなの昔か

らどこでもやってる事でしょ。もちろんやっていいってわけじゃな

い。どうせ人間の味覚なんて微妙な味なんてわからないんだから(

一部の人を除いて)。要は、お客がその「料理の味にいくら出せる

かっ」って事。自分で判断すればいいだけの話だから。


 今は何でもネットで調べれば出てくる。「おいしい店はどこ?」

「評判の店は?」、そんなの自分で探せ!って。ネット情報を信じ

「えっ、たいした味じゃない。」「うまくないじゃん!」って、

「損した。金返せ!」って、ばっかじゃないの。自分の目・耳・鼻

・舌で判断しなさいって。ネット情報が間違っていたからって、そ

れを信じたあなたのせいなんだから。


 僕はよく知らない町へ行くと、町中を歩いておいしそうな店を探

す。路地裏なんかも行ってみる。子汚い店でも「んっ!」って思っ

たら入ってみる。たとえそこがまずくても文句は言わない。自分で

判断したんだから。それはそれで貴重な経験だけどね。

2013/04/23

マンチヌードル

 最近浜松ではラーメンの新店ラッシュである。 「浜笑」、「浜田山」、「六三四」、「マンチヌードル」などなど。

 金欠の僕としては行きたくてもなかなか行けない。でも今日は町に出たついでに「マンチヌードル」に行ってきた。場所は二俣街道沿いで上島駅の近く。店はこじんまりとしているので車で通り過ぎると見落としやすい。駐車場は2台しか停めれない。このへんはなんとかしてほしい。

 さてメニューをみてみると、「ブラック」、「レッド」、「スパイシー」とある。普通の醤油、みそ、塩ラーメンもあるようだ。今回はとりあえずブラックでせめてみるか。ブラック大盛りをオーダーすると、店主が

 「大丈夫ですか?400gありますよ!」と聞いてきた。

 ( 「大丈夫ですか」だとぉ。)これですっかり大食い魂に火が点いてしまった。

 「そんなにあるんですかぁ~。はあ、いいですよ。あっ、それからにんにくも入れて下さい。」

と言った後、はたと気がついた。いけね、午後から仕事だった。にんにくはまずいだろ。

「あっ、すいません。やっぱりにんにく抜きでお願いします。」


Image005_2


 待つ事5分。やってきました。ブラックちゃん。見るからにすごい。もやしたっぷりで麺が見えない。とりあえずスープをすすってみる。う~ん、なんの変哲もない。こがしチャーシューも普通。極太ちじれ麺もまあまあ、ありきたり。なんか物足りなさを感じつつ、目標は完食にしぼられた。

 半分くらい食べたところでもう腹8分。さすがにやばい。400gは伊達じゃない。ステーキなら400gなんてとても食えたもんじゃない。大盛りをオーダーしたことに悔いを感じたが今更どうしようもない。さりとてここで残したんじゃ、男がすたる。半べそかきながらなんとか完食しましたよ。

 味ですかぁ。金の豚の「山盛り極太豚ラーメン」の方に軍配が上がりますなぁ。

Image006

2012/09/07

嘉興飯店なう

Image026_2

 カイコー飯680円、餃子はなんと180円。味は?? ちょっと甘め ★★★

2012/09/06

一蘭のとんこつラーメン(790円)

Image023

 浜松初、有名とんこつラーメン店「一蘭」のオープン日。11時開店のところあまりにも客が集まり過ぎて10分前にオープン。30分前に行けば大丈夫だろうと思っていたが大誤算。店に着いたのは10時40分。うしろのおばちゃんと「あーだ、こーだ」ラーメン談義に話をさかせているうちに約1時間で入店できた。

Image020

 自動販売機で「らーめん+替え玉」と「ねぎ増量(100円)」を注文。らーめん単品で790円は高くないか。しかも今日び、ねぎなんて無料で増量してくれるぞ!中に入ってからも少し待たされて、待っている間、麺の固さ、味の濃さなどのオーダー用紙を渡される。のれんの奥には、せまいパーティションに区切られた席でもくもくとラーメンをすすり込む客がいた。まるで養鶏場の鶏のようだ。なぜか石田徹也先生の『燃料補給のような食事』を思い出してしまった。

Image021

 席に通され、出てきたラーメンがこれ。なんの変哲もないシンプルさ。チャーシューもペラペラ。スープをのんでみる。特に感想もない。ふつう。まずくはない。最初から麺の量は多くないので替え玉を頼む。替え玉は客席の右手前の小さな台に替え玉用の皿を載せると自動で注文される。替え玉を入れて普通のラーメンの1.5倍くらいではないかな。したがって替え玉込みの値段が950円ってめちゃ高いでぇ。これならめん●の方が数倍いいでぇ。

 今日は開店記念で「特製どんぶり」がもらえるっちゅうから、長い行列を待ってでも行ったが、次回来るかは微妙やでぇ~。

一蘭なう

Image015_4

本日開店。既にものすごい行列。3万人はいるか?


2012/09/01

朝マック

Image018_2

ひさしぶりにマックで朝食。クーポン券でお得。よせばいいのに欲望に負けて、ソーセージマフィン単品100円を追加。

2012/06/08

やっぱりこれ!

Image00600

「金の豚・浜北店」の酸辣湯麺(サンラータン麺)です。
これが病みつきになるほどおいしいです。
ごはんを追加注文して、残った汁をごはんにかけて食べるのがまた最高。

金の豚でも浜北店にしかないので注意!