無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019/10/28

テレビの映りが悪い

 地デジのテレビの映りが悪い。BSは大丈夫。しかも1階の和室だけ。1階リビングのテレビは問題ない。受信感度をみてみると、67~70位を示している。通常ならこのくらいでOKのはず。リビングのテレビも同じくらいのレベルなのに問題ない。メーカーも同じシャープ製。全然映らないわけじゃなくて、たまに横線が部分的に入って音声が途切れる程度。我慢すれば見れるレベル。

 壁のアンテナ端子から出たアンテナケーブルは、まずブルーレイレコーダーに接続されて、そこからテレビのアンテナ端子に接続されている。レコーダー経由(レコーダーのTVチューナー)の地デジ画像は全く問題ない。試しに壁からレコーダーを経由せずに直接テレビにケーブルをつないでみるも改善されない。どうも度重なる台風のせいでアンテナがいかれてしまったか?

 アンテナは屋根上ではなくて2階のベランダに設置されている。高度が不十分だが自分で設置したので仕方がない。早速アンテナを見てみると他の家のアンテナと比べると若干向きが違っている。台風で向きが変わってしまったのか、もともとそうなのか?アンテナの向きを西南西の方向に修正した。1階に戻りアンテナレベルを確認してみるがあまり変わりない。画像の乱れは多少よくなったものの、やはりたまにノイズが入る。我慢できない事もないが気持ち悪い。

 ベランダからでたアンテナケーブルは屋根裏で4部屋に分配されている。受信レベルの減衰を防ぐためブースターもかましてある。最善の方策は屋根上にアンテナを設置することであろう。たぶんBSアンテナも含めれば2~3万円はするだろう。今のうちの経済力ではかなりの痛手である。まあどうしてもテレビを見たいときはレコーダー経由で見ればいいかな。そんなにテレビも見ないから。お騒がせしました。

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »